Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/chnuru/chnuru.com/public_html/kichigai/wp-includes/post-template.php on line 284

先月行った披露宴があんまりにもお粗末でグダグダすぎて友やめしようかなって思っちまった話。

友達をやめる時 inOpen
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1395364489/

友達をやめる時
883: 名無しさん@おーぷん 2014/12/20(土)17:29:00 ID:PBs
先月行った披露宴があんまりにもお粗末でグダグダすぎて友やめしようかなって思っちまった話。
ちょいフェイクありだけど概ね事実。
長くなるけど付き合ってくれw

俺は新郎友人で呼ばれて年は四十。
新郎とは高校の同級生、新婦は八つ下で32歳。
新郎が働く会社に嫁がパートで入ってきたのが出会いですぐ交際に発展、なんと付き合って二ヶ月で入籍、嫁は結局入社三ヶ月で寿退職ww
付き合って一年記念の日に挙式と披露宴した文字通りのスピード婚。
新婦は二十歳で専門学校卒業してから12年間で七つも仕事を変わってる紹介されるし、隣のテーブルでは本人もよくあの内容で司会にゴーサイン出したねwってヒソヒソされてたよ…

新郎親族席はどよーんとしていたが、新郎弟家族が子供連れてきたおかげでなんとか通夜レベルの空気だった。
あー元々付き合いが薄いどころじゃないんだなって丸わかり、新郎は15年ぶりにできた彼女のドレスアップした姿に夢中で自分の親族スルーだし、新郎弟嫁(めっちゃ若い)は初めて会う親戚だらけだったらしくて大変そうだった。
新郎は母子家庭で母親しかいないんだけど、母親が全く動かない。
披露宴の最中も隣に座ってる姉か妹かわからんけどふんぞり返ってなんか爆笑してる。
新婦両親は酒ついで回ってる。でも新郎母親は動かねぇ…
自分もお酌してもらいながら動かねぇ。
新郎弟夫婦やいとこ?夫婦がビール瓶持って行動しようとするも母親がそんな調子なのでみんな諦めて着席、誰も新婦側のテーブルにお酌しに行かない事態が発生。
酒ついで欲しかったわけじゃないが、ぶっちゃけドン引きした。
俺の経験上だけど披露宴って親が一番忙しいもんだって思ってたから。
親が誰よりもマッタリしてる披露宴は初めてだったからすげー衝撃だったよorz
新郎はどっか抜けた感じのいじられキャラで憎めないとこがあって友達付き合いしてたけど、披露宴後も遠くから来てくれてありがとなでもなくノロケのLINE連発してくるとこ見たら、ただ人としてアホなんじゃねーかとモヤモヤしてる。
新婦の友達も髪の毛パサパサで盛り盛り、足元見ればモコモコしたきったねえブーツにヒョウ柄のワンピース、新婦友人代表で挨拶するも酒ヤケした声で「なんとかでぇ~」「~~みたいなってとこもあっけど~」というような香ばしいお言葉づかい。
…どうやらグダグダすぎて時間が余ってしまったらしく、司会者の突撃インタビューが始まった。
この司会者は新郎親戚側に一切マイク向けなかった。空気読んだんだろうな。
新婦友人1「彼氏できたのも知らなかったし、突然招待状届いてビックリしました」
新婦友人2(ロリータっぽいけど悪いがオバサン)「(号泣中)※※※※…」←最初から最後まで聞き取れなかった。
友人を見てたら新婦の質がわかるって聞いた事があったけど本当なんだなーって思った。
新郎新婦の昔の写真とか流れるスライドショー見ても「パクった!」とか落書きされてる写真もあり、ヤンキーコギャルで警察の世話にもなった臭がプンプンしてた。
新婦が溺愛する姪っ子らしき女の子がアナ雪の青いドレス着た格好してたんだけど、新婦がお色直しで姪っ子とお揃いの格好して入場してきた時は会場が凍りついた。
失礼だけど新婦は頬がこけまくった元野球の新庄顔だったから。
ただの青ドレスなら可愛かったのに、32であれはイタイっしょwと例のヒョウ柄友人がガサガサした声で笑ってて怖かったよ…友達じゃねーのかよ??
姪っ子ブサ!って笑ってたのもいた。
そしてその通りだった。

884: 名無しさん@おーぷん 2014/12/20(土)18:06:01 ID:PBs
>>883
の続きだけど、佳境に入ってきて披露宴の名物、新婦の手紙読み上げのコーナーになった。
新婦、自分の事をちゃん付けで呼ぶorz
「○○ちゃんはヤンチャばかりしてきたけど~グスッ、学校出てもフリーターになった○○ちゃんに何も言わないでいてくれてありがとう~グスッ、五ヶ月で仕事を辞めた時も~」
悪いがレベルが低すぎるって怖いことなんだと思った。
これが二十歳そこそこなら許されるだろうが、32になった奴が書く手紙とは思えなかった。

他に衝撃だったのが新郎の締めの挨拶。
酒は一滴も飲めない奴だから酔っ払ってもいないのに
「今日は~みなさーん、来てくださってありゃーとーざいやした!!」
で終わり。
終わり?もう拍手していいの?みたいにみんなが互いの顔を見合わせた。
最後は噛んだにしても、こういう時の挨拶ってビシッとして「お忙しい中お越しいただいて」「これから二人力を合わせて」的な言葉が出るもんだと思う。
今日じゃなくて本日って言えよとか色々ね。
こんなに頭悪い奴だと思わなくて悲しくなった。

そして何よりも衝撃だったのがめっちゃ若かった新郎弟嫁が新婦と同じ32歳だった事。
今流行りのマシュマロ女?みたいな人で、小柄でそこまで痩せてもいないけど肌が綺麗なのも男の俺から見てもわかった。
タイツも今の季節時々見るような柄ついたやつでもなく濃い緑のワンピースを着て地味な格好だったのに異彩放ってた。
二次会の手伝いしてる最中も友達と新郎弟嫁の話題で持ちきりだった。
俺も美容師という仕事柄とはいえ女の格好を女ばりにチェックしてしまう自分の癖が嫌になった。

披露宴から二ヶ月ちょい経った最近になって(最初に先月って書いたけど先々月の間違いでした)離婚というワードが飛び交う喧嘩に発展してるのを知った。
新郎は初めて会った弟嫁が可愛い人だったと口を滑らせて新婦から浮気だ!そして披露宴でのあんたの母親何あれ!俺の親を悪く言うな!(昔からマザコン気味)のループらしい。

ここまで色々と何かしら欠落した人が集まった披露宴は初めてだったし、四十にもなった新郎が「○○たんすぐプンプンしちゃうんだよね」とか来るLINE見ただけでイラっとしてFOしたいなと思う俺は心狭いのかなと悶々としてる。
まわりの友人も口には出さないけど状況次第では距離置きそうな空気。

俺の知ってる新郎はもういないんだなと悲しくなっちまった。
これで終わりです。
愚痴吐かせてくれてありがとう。




カテゴリ:未分類
タグ:


コメントを書く

・本文

カテゴリー

最近の投稿